ブログパーツ
  1. Top
  2. » 私の人生

母に色々相談しました。


昨日はR君(前記事参照ください)絡みの事もあって、気持ちが落ち込み、不安感で一杯でした。
ちゃんとお薬を飲んでも改善されませんでした。
早めに寝逃げしてしまおうと床についたのですが、不安感が大きく寝れそうもありませんでした。
R君の事だけでなく、自分の人生、もう何やっても無駄、何もしたくない、もう早く終わってほしいという思いでいっぱいでした。
それで、夜ふかしをしていた母の所へ相談に行く事にしました。

まず、R君の事を話しました。

私「R君て覚えてる?」
母「Kちゃんでしょ(R君の下の名前)?」
私「この前夢に出てきてさ、懐かしくて、泣いちゃった。」
母「ふーん。」
私「それでさ、久々に会いたいな~と思っちゃった。でも今の私じゃ会えないなって思ってね。」
母「会いたいって。。。あっちが結婚してたり、子供いたりしてたら、あんたどうせ傷つくんでしょう?」
私「うん、そうだよね。普通に考えれば孫がいてもおかしくないからね。。。」
母「その時は良かれと思って選択した事なんだから、くよくよしてもしょうがないわよ。その時は最善だと思って選んだんだから。」
私「そうだね。。。」

母とのR君との話はこれで終わりです。

その次にはデイケアや作業所の話をしました。

1.最近、デイケアや作業所の事を調べて、見学等に行ったりしている。
2.でも、1をし出してから何か不安感と無気力が酷くなった気がする。
3.福祉サービスの職員さんは優しげな人達が多いのかと期待してたけど、そんな事はなかった。
4.2で不安になっているのは、「負け組の独り身の話下手のコミュ障のおばさんなんて、何処へいっても苛められる。」からだと思う。
5.実際、離婚して以来、ずっと派遣で色々な職場を転々としたが、歳を取るにつれ、皆冷たい対応になっていき、主婦でないいい歳のおばさんには友達はできなかった。
6.でも、この5年間のように家でひきこもってばかりいちゃダメだと「理性」では思う。
7.何らかの福祉サービスとのつながりは持っていたい。
8.6,7の理由で色々探し始めたが、今のところピンとくる事ながない。
9.具体的に社会復帰したいというビジョンが見えない。そんなの自分の打たれ弱い心じゃ無理だと思ってる。
10.でも、6,7があるし、地活は勧めてくれる人が多いので、2月2日の地活への面談は必ず行ってくる。

母は5年前に私が最後の派遣の職場を「ハブられた」という理由からやめた時以来、私の思いは何回も何回も聞いてます。
母のように気が強くて、コミュ力がある人に私の思いは理解できないようで、
「考え方を変えなさい。」
「女優になったつもりで、明るく気の強い人を演じてみては?」
等の「それが出来てたらとっくにしてるよ」のアドバイスをしてくれます。
昨日は私が強い調子で、「喋れなくて緊張しているのに、無理矢理喋って明るい人を演じるなんて無理っ」って言ったら、
もう私の性格矯正は諦めてくれたようです。
「そんなに人のいる所がどうにもだめだったら、1人で家で出来る仕事探しなさい。」
「あんたはパソコンは出来るんだから、仕事はある筈よ。」
在宅の仕事の事もこれまでに何回も言われてます。
でも、その度に私に思いつくのは頑張って1カ月5000円程度のアフィリエイトの仕事のみだったんで、今までは「ちょっとパソコンが出来る位で仕事なんかないんだよ。」と言ってきました。
でも、昨日は私の方で、ここまでして他人のいる所が嫌で嫌でしょうがないんだから、真剣に何か在宅の仕事できないか調べてみるべきではと思いました。
それで、私が4、5の事を言ったら、
「そんなにまでして、どうしても社会に出るのが嫌で、家に籠っている方がいいなら、それでもいいわよ。
 ただし、他の人の事をうらやんだりしないで、つつましく暮らしなさい。」
と諦めたように言いました。
母がそう言ってくれた途端、ほーっと肩の荷が下りたような気持ちになりました。
もちろん、母としては社会復帰はして欲しかっただろうと思います。
派遣でもパートでもアルバイトでも、またIT系やOA事務系の仕事が出来たとしたら、さぞ喜んでくれた事と思います。
実際、私が作業所かデイケアに行くことを考えているんだ、と以前に言った時はとても嬉しそうでした。
肩の荷がおりた所で、あまのじゃくなところもある私は却って、「行ってみるだけ行ってみよう」と地活に積極的に行く気になりました。
後、月に5,000円でもいいから、何か在宅で出来る仕事を見つけようと思いました。

今、自分の中では週に1,2回地活のデイケアに通い、何か在宅の仕事をする自分のビジョンが見えてきました。
とりあえず、↑の路線で行ってみたいと思います。
地活には2月2日に行くつもりです。

それにしても、母も私も歳を取って変わったな~と思いました。
昔の母と私だったら、すぐカッときてヒステリーになる母に負けじとヒステリーになる私で、酷い喧嘩になって終わりだったと思います。
昔の母だったら、私の思いなんか聞いてくれなかったでしょう。
でも、亭主関白だった父が亡くなって、自由を満喫し、趣味の活動を謳歌して、認められて、今度、個展を開くという話まで出ている母は昔よりずっと私に優しくなりました。
私も無駄な所では反抗したり、さからったりしないようになりました。
人って変わるものなんですね。

まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

因果応報


また、R君絡みです。
R君のことで引っ張ってすみません。(R君のことは前記事と前々記事を参照してください。)
ちょっとというかかなり甘い妄想をしてしまったりどうしようもないこの3日間でした。
昨日はブログをアップしてから、またR君との思い出の写真を探してました。
でも、やっぱり見つかりませんでした。
もう、気落ちが激しいです。
ツーショットの写真が消えてなくなってしまっているという事は、R君との縁もやっぱり消えてなくなってしまっているようにしか思えません。
女性のメル友さんが「また再会して写真を撮るという事だよ」慰めては下さったのですが。
うーん、これで名刺も見つからなかったら、完全に縁が切れたと諦めたかもしれませんが、名刺はあるんですよね。
彼はかなり変わった名前の人でした。
字面を見ただけで、懐かしさがこみあげてきます。

そんなこんなで昨日もR君の事で頭が一杯でした。
でも、ふと思い出したんです。
自分がR君の事をかなり手ひどくふった時の詳しい情景を。
あまりにも顰蹙買いそうなので、詳しくは書けませんが、そのふった時の事を思い浮かべると、「どの面下げて会いたいなんて言える?」って感じです。
R君だけではありません。
学生時代と社会人の始めごろに付き合った男性はR君以外に何人かいるんですが、1人をのぞいて、いずれもあまり良く無い形で私の方から別れを告げてた様な気がします。
私の方がふられてたとしたら、傷付いた思い出として、忘れるはずはないんですよね。
モテたと自慢したい訳ではないですよ。
若くて、ヘアメイクや服装やお化粧にはかなり気を遣っていた頃の話です。
実際、1人の人には体よく遊ばれて捨てられましたね。
でも、R君やその他の男性達と別れる時、かなり彼らの心やプライドを傷つけたと思います。
別れた時の自分の酷さを思うと、因果応報という言葉が頭から離れません。
その男性達を傷つけた分が、自分を無性で愛してくれると信じた頼り切ってた男性にこっぴどく冷酷に離婚を言い渡されるというお返しできたのかもしれません。
離婚後、私は婚活をしていたのですが、がんばって3年付き合った男性がいます。
婚活サイトで知り合ったのですから、もちろん結婚を前提としておりました。
でも、その男性とは音信不通になりました。っていうか、体よく逃げられたという感じです。
若い頃、自分勝手に異性を傷つけたツケを歳を取ってから利息付で払わされたという感じです。

何だかな~ですよね。。。
そんなこんなで、R君との写真は見つからないわ、因果応報の人生だったんだわ、R君にも会えそうもない、と思うと、昨日はずっしり気持ちは沈んでいました。

まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

断捨離なんか2度としない(><)


昨日の記事に書きました元彼氏のR君の事で頭が一杯な私です。
昨日の記事を読んだ懇意にしている女性のメル友さんが、
「高校、大学が同じだったなら何とかすればコンタクト取れるよ。会うべきだよ。」と言ってくれました。
会いたくてしょうがない事はしょうがないです。
でも、ま、普通に考えれば、彼は結婚して子供がいて(下手すれば孫もいるかも(^_^;))、幸せ一杯の人生を送っている事と思います。(生死も不明な訳ですが、生きてるとしたら)
彼は私と違って社交的な人だったし、Facebookで検索かければすぐに見つかるかもしれません。
でも、怖くて検索はかけれません。
このすっかり惨めな哀れな人生になってしまった私には、幸せ一杯の人生を送ってるだろう元彼氏の姿はまぶしすぎて辛すぎるものがあります。
(同じ様な理由で元旦那も検索できないんですよね。ま、元旦那の場合は怒りもこみあげてきそうなんですがね(^_^;))
でも、死ぬ前にR君にもう一度会ってお茶する事を人生の目標にしようかな、なんて思いましした。
そうするには今の惨めすぎる自分を何とかしなくちゃなりません。
外見だけでなく、内面もね。
R君に会う事を目標に色々頑張ろうかな、というポジティブな気持ちになれている様なんです。
それで、高校時代のまだ若い幼い私達のツーショット写真があった筈なので、それをいつも目に見える所に飾っておこうと思いました。
私の高校時代なので、デジタルではなく銀塩写真の貴重な一枚です。
スキャナーで取り込んで、パソコンやスマホの壁紙にもしようかと、いい歳のおばさんがルンルンしてました。

が、いくら探しても、写真はありませんでした。。。。(><)
かなり最近までとっておいた事は確かなんです。記憶にはっきりとありますから。
が、いくら探してもありません。
とっておいたと思っていた高校時代の名簿もありません。
かろうじて、高校の卒業アルバムと彼の社会人時代の名刺だけはありましたが。。。
もう、がっかりでまた泣けてきてしまいました。

若い頃の病気になる前までの私って、とにかく断捨離女で、ボンボン色々な物を捨てていたのですよね。
離婚時に広いマンションから、狭い実家の一室に戻るという事で、色々な物を大量に捨て去った苦い苦い哀しい記憶もあります。
でも、そのR君とのツーショット写真と高校時代の名簿は捨てた記憶がなく、取っておいたと思ったんですけどね。
はあ~とにかく断捨離人間だったので、R君とのツーショット写真はその一枚しか取っておいた記憶がないんです。
ちなみに学生時代、R君以外に付き合ってた人との写真も全くありません。
これは今は別に悲しくはないのですが、もうこの先の人生、男性と付き合う事もなさそうなおばさんにとっては、思い出に浸るいい小道具だったかもしれません。
はあ~つくづく断捨離なんかするもんじゃないなと思いました。

とにかく、がっかりです。
そのツーショット写真がないということで、R君に死ぬ前にもう一度会ってお茶するという夢も叶わない気がしてきました。
がんばる気力も急降下ダウンです。
断捨離なんかするもんじゃないなと思いました。

昨日メールくれた女性のメル友さんに泣き言メールを出したら、超優しく慰めつつ前向きになれるような返信を頂きました。
ありがとう○○さん!!!

とりあえず諦めきれないので、もう一回探してきます(^_^;)


まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

また、幸せな夢を見て泣いてます。


今日の幸せな夢は先日のとはかなり違います。
元旦那は出てきません。
遠い過去にお付き合いした3人の男性が出てきました。
その中で一番年長の人が何か私のお父さんみたいになってて、後の二人の内、どちらがよりいい男性か会って見極めてほしいと私がお願いしてる夢です。
まるで3股かけてるとんでもない女ですね。
現実では3股なんかかけてませんよ。
それぞれ違う時期にお付き合いしてた男性です。
3人の内、1人は大学付属だった高校の同窓生で、高校時代の後半、大学時代の前半にお付き合いしてて、社会人になってからも何度か会った縁の深いと思われた男性だったんです。
この男性の事、R君としますね。
病気になってひきこもりになってから、よくこのR君の事思い出して夢に見るんですよね。
その回数は元旦那より多いかもしれません。
このR君とずっと付き合って結婚してれば・・・と思わずにいられないものがあるんです。
同じ高校で同じ学年でした。
出会いは高校2年の時です。
学園祭の時にロックバンドのボーカルをやっていたのですよ。
私の超好みのルックスで一目ぼれしたんです。
その後、周りが色々お膳立てをしてくれて、お付合いが始まったのです。
私と違って、剽軽で友達のたくさんいる目立ちたがりだけど、人情家な憎めない男性でした。
喧嘩もよくしたけど、楽しかったし、お互いの事も良く分かってました。
お互いの親も、私達が同じ高校、大学という事で、安心してお付き合いを認めててくれたんです。
この男性は元旦那と違って、私の方からフッてしまったのです。
まったく、今から考えると、どう客観的にみても、元旦那よりスペックのずっと上だったこの男性をフるなんて、どうしてそんな事が出来たのだろう、と不思議な気持ちにすらなります。
父母、姉と超仲が悪くて家に居場所が無く、KYでコミュ障だった為、友達は超少なく親友なんてものはいなかった若い私はひたすら自分を無条件に愛してくれる「優しい父親のような」男性を求めていた所があります。
同じ歳だったR君にそんな大きな父性の様な愛を求めるのは無理というものでしょう。
「私の事をわかってくれない」とR君に不満を持っていたのは覚えているんです。
大学時代にはR君以外にも何人かの男性と付き合ったのですが、皆に同じ様な不満を抱えていましたね。
ま、ようは傷付きやすくて我侭でお子ちゃまだったんですね、私が。
それで、そのR君とは別れては再燃しを3回位、繰り返したような気がします。
でも、社会人になってから、仕事の関係で出会った元旦那は私の求める「優しい」男性に見えたんですね。
今から思えば、とんでもない間違いだった思います。
ただ単に私の若い肉体だけが目当てだったんだろうな、と思います。
でも、その頃は情緒不安定だった私の全てを受け止めてくれる父親のような拠り所になってくれる男性に思えました。
それで私は元旦那と同棲して、そのまま結婚し、R君との縁は完全に切れてしまった訳ですよ。
ま、たとえ、R君の方を選んで結婚してたとしても、この情緒不安定で我侭なお子ちゃまなだった私では同じような結果になったかもしれません。
でも、R君だったら、離婚時、元旦那のようにあそこまで冷酷で無責任では絶対なかったと思えるのですよね。
と、思ってもしょうがない事ですが。
R君との事は、これを書いている今、涙が出てくるとほど懐かしいです。。。
病気になってお薬を飲むようになってから、感情が鈍磨しちゃったのか、涙は流さなくなったのですがね。
今、ポロポロと涙が流れています。
色々、嫌だった事しか思い出せないネガティブな私だけど、R君のような男性と付合えてたんだから、幸せな事もあったんだな~と思います。
昔の友人、知人には一切会いたくない私ですけど、R君だけには死ぬ前に一度会いたいと思わずにいられません。

「お前馬鹿だよな~~~俺を選んでりゃ良かったのに。」って笑いながら言いそうな人です。

はあ~なにかすみません、浸ってますね。
泣いたのはホント久しぶりです。
若い頃の良き時代を思い出して泣くなんてもうおばあさんですね。

先日は元旦那の夢、今日はR君の夢、何か寒くなってきて、男に飢えてるおばさんのようですね(^_^;)

普段、起きてる時はそんな事考えないんですけどね。
もう、すっかり自分のそんな情熱は枯れてしまったと思ってるんですけど。
こういう夢を見るって事はそうでもないんですかね。

R君に死ぬ前にもう一度会う事を目標にして、色々頑張ろうかなって気になってきました。

さて、でも、とりあえずフィギュアを観よう。


まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

私の望む生活(無気力怠惰で暗いです。閲覧注意)


昨夜、ある方とコメントのやり取りをしていて、「自分の本当の気持ちをキャッチする」事に興味を持ち、やってみたんです。
「べき思考」は捨ててみました。
そうすると この私の本当に望んでる生活って、誰にも会わず(母親除く)、誰とも関わらず(母親除く)、外に一歩も出ないで、お布団にくるまって、ネサフだけして、タバコを吸って、菓子パンとお菓子を食べ続けていたい、だったのです。
「べき思考」を捨て去ると、こうまで怠惰な望みになるものかと自分でも呆れました。
でも、人間、「べき思考」を捨て去ると、こんなものなのかなという気もします。
「ひきこもり」カテとか「ニート」カテには私と同様の人も多いのかな、なんて思います。
いや、そんな事ないよな・・・。
普通、何か「やりたい事」「かなえたい事」ってあるだろうし。
「ひきこもり」カテも「ニート」カテも何とか這い上がろうと頑張っている人も多いし。
こんな怠惰でやる気のない自分が嫌です。
死にたくなります。
っていうか、ホントのホントの本音では死んじゃいたいんですよね。
死ぬ前に菓子パン10個位食べれれば、もう何も望みません。
羽生君のオリンピック金メダル連覇と進撃の巨人の結末だけは見たかったという心残りはあるけど。
楽にぽっくり死んじゃう事は叶いそうもないので、しょうがなく生きてる場合と想定した自分の理想とする生活って、↑なのですよね。
でも、私の場合、「死にたい」すらも何か怠惰ですよね。
「楽にぽっくりと」が大前提条件ですもん。
私のブロ友さんで、ここの所、希死念慮が激しい方がいらして、その方は苦しくてもいいから死んでしまいたいと言ってますものね。
ただ、その方はご家族がいるので、家族に迷惑がかかるような死に方は出来ないと言ってるので、それで大丈夫だろうとは思っているのですが。
私はその方みたいに自傷行為をした事もないし、痛そうでする気も全く起きません。
何か、とにかく、何もかも「めんどくさい」のですよね。
でも、開き直って、↑のような生活に甘んじる事も出来ないのですよね。
いえ、今の生活、ほとんど↑のような生活なのですが、「こんな生活をおくっていてイイ筈がない。アリとキリギリスだ。将来は糖尿病のホームレスだ。生活保護はどんどん削減されてるし、受けられそうもない。」という恐怖はあるのですよね。
かといって、じゃあ、頑張って健康的な生活をして働こうという意欲も湧いてこないのですよね。
3月から、将来の就労に向けて動くつもりではありますが、こんな嫌々ながらでどこまで続くのかって、懐疑的にもなっているのですよね。
はあ~何もしたくない・・・寝ちゃおうかな。
タイトルにも書きましたが、ホントに無気力怠惰で暗くてすみません。
若い頃や病気発症前はそれなりに頑張っていたので許してください。だめか。

まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
FC2カウンター
プロフィール

chibikin

Author:chibikin
40overの鬱で統合失調症(精神障碍者手帳2級)のバツイチ、無職、実家暮らしの取り柄の無いおばさんの日記です。心は無気力感、不安感、絶望感の塊です。対人恐怖は加齢とともに増し増ししています。醜形恐怖もあります。

主にレコーディングダイエットの記録、人生への絶望からくる暗い吐き出し、ときたま全然関係無いトピック等、つれづれにやってます。


「はじめまして」、及び
「私のブログの存在意義」はダイエット日記化する前に書いたものです。私のダメダメぶりと、このブログを始めた当初の想いが書いてあります。

3月6日生まれ、AB型、魚座、こじか、金星-霊合星人

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ランキング

ご訪問ありがとうございます。 よろしかったら1ポチお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

こんなブログでもリンクされたいという奇特な方いらっしゃいましたら、 どうぞ。リンクフリーです。 一言お知らせ下されば、ほとんどの場合、相互リンクさせて頂くつもりです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア

フリーエリア

TOEICボキャドリル(わんこ版)