ブログパーツ
  1. Top
  2. » 私の人生

「人生、頑張ってください。」と言われた事があります。


ふう~、疲れて気落ちしてます。
疲れたっていったって、昨日は飲み会に行く以外、何もしてないし、今日もスーパーへ買い物に行っただけなんですけどね。
こんなんで疲れ果てる自分ってどれだけお嬢様なんでしょうね。
貧乏な中年のお嬢さまか・・・ふう、最悪ですね。。。
昨日は眠剤のおかげか、AM2:00頃からは寝れました。
それで、今日のPM14:00頃まで過眠しました。
過眠してもしても疲れと気分の落ち込みがとれません。
過眠しちゃったから却ってダメなんでしょうね。
今日もジム休館日で良かったです。
今日はとても行く気になれなかったでしょう。
といっても、明日からのジム通いも憂鬱この上無いんですけどね。
火、水、木と3連ちゃんで行きたい所ですが、多分無理でしょう。
そういえば、昨日、リア友が「痩せたよ、絶対痩せたよ~~~」と何回も言ってくれました。
私がデブってるのを異様に気にしてるから、気を遣ってくれたんでしょう。
優しい子だな~と思いました。
病気の事自体は語りませんでしたが、その他の人生に関する暗い想いはかなりぶっちゃけて話したような気がします。
優しく聞いてくれかたら、私も話しやすかったのでしょうね。
それなのに何であんなに疲れたんだろう。。。
確かに昨日は飲み会行く前からずっと気持ちは落ち込んでいて、怠くはあったのですよね。
久しぶりに履いたサンダルで靴づれが出来てしまっていたのと、新しく買ったパンツのウエスト部分がやけにキツかったのも疲れの一因かもしれません。
もう、誰とも会いたくなくなってしまいました。
本当に昨日は疲れて苦しくてしょうがなかったのです。
私は元々、病気になる前から決して活発な人ではありませんでしたが、加齢と病気で更にどんどん私の気力と体力は奪われているのでしょうね。
こんなんで、就労につながる活動出来るのでしょうか・・・。
元々、自信はありませんでしたが、更に打ち砕かれた感じです。
仕事そのものの前に人とのコミュで疲れ切ってしまう私に明るい未来はやはりありそうもありません。

「人生、頑張ってください。」

これは私が最後にした仕事-クリーニング屋のバイト先で、私が辞める事になった時、配送のお兄ちゃんがはなむけに私に言った言葉です。
主婦でもないイイ年のおばさんが母と二人暮らして、クリーニング屋のバイトをやってるって、やっぱり人から見れば哀れな人生なんですよね。
バカにしてたりとか嫌ん感じではなかったのですが、ずっしりと心に残っています。。。
それから数年が経った訳ですが、相変わらずな人生です。
人生、がんばれてないですね。って言われそうです。
それでも、私なりに必死に生きてる気はするんですけどね。
年ばかりとって、太って、髪の毛が薄くなってきています。

今日、あるブロ友さんの記事を読ませて頂いたのですが、「夜に寝て、そのままサクッと逝ってしまって、朝が来なければいい」との趣旨の事を書かれていました。
全く持ってはげしく同意です。
生きていくのってホントに大変で疲れますね。
今日は起きたての頃は人生の過去未来を考えてしまい、気分も相当落ち込んでいました。
薬を飲んだ今は、脳の機能が半分停止してるかのように頭が重くて、何もやる気がしません。

今日はいつにもまして、まとまりの無い文ですね。
ここら辺でやめておきます。


まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

タバコを吸いながらお酒を飲みたい


今日はタバコを吸いたくてしょうがありません。
っていうか、メル友さんへの返信を書いてて、ふと思ったんですよね。
私が人生において、幸せを感じた時って、常にお酒とタバコがあったんじゃないかって。
お酒を飲んで、タバコを吸ってた時以外に心からリラックスした時ってあったかな?って感じなんですよね。
対人恐怖の私ですが、飲み会は好きでした。
お酒を飲んで、タバコをすぱすぱ吸うと緊張感がほぐれるんです。
元旦那とはあちこち良く飲みに行き、旅行にも行きました。
彼はタバコは吸わなかったのですが、私が煙草をすぱすぱ吸うのもお酒を飲むのも嫌な顔一つしないでいてくれました。
時代もあるんでしょうがね。
私の結婚していた頃は世の中も今ほど嫌煙ではなかったのですよ。
元旦那と雰囲気のある居酒屋で飲みながら、タバコを吸ってた時って、私の生涯で一番幸せな時だった様な気がします。
まあ、もう元旦那は無理ですが、その他にも
大画面のテレビでFFの様なグラフィックの綺麗なRPGをお酒をちびちび飲みながら、タバコをすぱすぱ吸いながらのPLAYをしたいという願望があります。
(結婚してた頃にやってた)
ハワイにもう一回行って、ホテルのラナイ(ベランダ)で、ハワイの風に吹かれながら、これまたお酒をちびちび飲みながらタバコをすぱすぱ吸って、美しい風景を見るという夢もありました。
(ハワイには3回行った事があって、昔だったからいずれも↑が出来た)
今はホテルも全面禁煙の所がほとんどだから、ハワイの夢ももう絶対かなわないのですよね。
お酒とタバコがないこれからの私の人生で、心底から幸せを感じる事あるのかな~と思いました。
ま、厳密に言えば、お酒はごくたまにリア友と会う時は飲んじゃってるんですけどね。
でも、タバコがないせいか、昔の様に楽しく酔えなくなってきました。
禁煙すると嫌煙家になる人も多いようですが、私はダメですね。
タバコの匂いを嗅ぐと、懐かしくて吸いたくてしょうがなくなります。
私にとって、やっぱりタバコは親友でお酒は悪友だったんです。
喫煙者はどんどん減っているご時世に何を言ってるんだか、って感じですよね。
でも、もしかしたら、母親が逝ってしまったら、タバコもお酒も復活させてしまうかもしれません。
そうしないと、ひたすらお菓子に走りそうなんですよね。
「今、何がしたい」って聞かれたら、私は真っ先に「タバコを吸う」って答えるでしょうね。
やっぱり一種の麻薬ですね。
吸った時の快感が一生脳から消え去る事はないみたいです。
あ~吸いたいな・・・。

まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

孤独を感じた夏の日


昨日、今日と地元の駅前で祭りが行われています。
もう、夏休みに入ったのか、あちこちでお子様の姿をみますね。
夕方からの祭りを避けるため、さきほどスーパーでの買い物は済ませてきたのですが、人の自転車のカゴにやたら浮き輪が取り付けてあって、近くのプールももう解禁されたんだな~と思いました。
祭りにプール、夏休みですね。
お子様連れのファミリーを見ると、孤独感をかきたてられるのですよね。
そう言うと、さぞかし子供好きな哀れな独り身のおばさんと感じられるかもしれないんですが、私、子供は好きではないんです。
結婚していた時も子供は意識的につくりませんでした。
本能的に子どもを欲しいと思った事がないのです。
母性が無いというか、ちょっと性格的におかしいのでしょうね。
でも、理性的には子供連れの若い夫婦って幸せの象徴みたいで、うらやましく思うんです。
我が家は姉、私ともに独身の小梨ですから、甥も姪もいません。
赤ちゃんや小さい子というもに慣れてないんです。
数少ないリア友も皆独身者です。
親戚とはほとんど付き合い皆無なので、従姉妹の子供なんて、全くの他人です。
そんな訳で、赤ちゃんや子供とどういう風に接してよいのか分からないんですよね。
何も出来ない、面白くない無口なおばさんですから、正直な子供には超バカにされそうな恐怖もあります。
子供は残酷な面も持ってますからね。
若い頃に子供を作らなかった事に後悔はしてないつもりです。
普通は自然に欲しくてたまらなくなるのでしょうが、私にはそういう気持ちは起らなかったのですから。
「生む」事は出来ても「育てる」事はとても出来なかったでしょう。
タバコとお酒が人生の楽しみであるACで母性の無い母親に育てられる子供も可哀想です。
でも、それでいて子供がいる人が羨ましく思えるんですよね。
無い物ねだりですよね。矛盾してます。
私と同世代の人だったら、もう孫がいてもおかしくありません。
若い頃は、理性でも、子供を羨ましく思った事はないのですが、年を取るにつれ、羨ましくなる気持ちは大きくなっていきます。
これは加齢とともに進んでいくでしょう。
母親がいなくなって1人ぼっちになって、身体の病気になった時とかは感情でも激しく後悔するようになっているかもしれません。
もう、どうしようもないですがね。
長生きしたくありません。
母親より先に逝ってしまいたいです。
母親はしっかり者の姉がいるから大丈夫だと思うのです。
ひしひし孤独感を感じる今日このごろでした。

まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

孤独死の対策を考えなきゃいけないと言われてもな~


切られでもひかれでもないリア友から、メールがありました。
その友達は男性のバツイチ独身で、私と同じ精神障害手帳2級持ちの無職で、つい最近、心臓の手術もして障碍者手帳一級を取得したばかりの身の上です。
何か、「孤独死」を偉く恐れているようでした。
「孤独死大国」という本を読んで、気持ちが煽られたみたいです。
とにかく、自分の身の上では親が死んだら孤独死リーチという事に凄い恐怖感を抱いたようです。
私にも↑の本を読んでみろと勧めてきました。
恐怖心が無かったら、ネットで「孤独死」で画像検索してみろとまで言ってきました。
悲惨な写真ばかりだそうです。

私は「特殊清掃」をしている方のブログをブックマークしている位なので、孤独死で放置された遺体の悲惨さは知っているのです。
そのものの写真を見た事はありませんし、検索して見るつもりもありませんけどね。
文章の説明だけで、超グロですから。

友達はとにかく孤独死が怖いようで、何か対策を考えなきゃいけないと言ってました。
うーん、でも対策たって、個人ではどうもしようがないんじゃないかな~と私は思います。
子供いない、パートナーもいない身の上では、老人ホームとかグループホームに入る以外、孤独死を逃れるすべはないんじゃないかと思うのです。
例え、パートナーがいたり、子供がいても、パートナーはどちらが先に逝くかの競争ですし、子供は、遠くに住んでいたりすれば、結果的に孤独死になってしまう場合もあるでしょう。
病院で死ねたら、運が良かったという所でしょうか。
私は今までは孤独死にそんなには恐怖を抱いていなかったのです。
苦しまないでポックリ逝けるのなら、独りで死ぬのは全然構わないと思ってました。
むしろ、例え独りぼっちでも、自宅でテレビでも観ながら、ポックリ逝けたら、それって幸せな方の死に方なんじゃないかと思っていた位です。
自分の死んだ後には全然こだわりありませんしね。
お墓に入れなくても、誰もお参りにきてくれなくもOKという感じなのです。
でも、自分の死体がグロ化して、近所の人や遠い親戚に迷惑かけるのはやっぱり嫌だな~と思いました。
でも、やっぱりどうしようもないと思います。
私は老人ホームに入るお金はないし、グループホーム等の集団生活は超絶ストレスになりそうで無理です。
そんな私はこのボロ家で孤独死が一番可能性高いのです。
行政が対策を何か対策を考えて施行してくれればイイですけどね。


まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

病気になるとドッと孤独が辛くなる。


私が暗くネガティブなのは完璧無比で負け組である事と、それゆえの絶望的な孤独感からでしょう。
今、私に無償で生きてほしいと思ってくれる人は母親しかいません。
40何年間も生きてきたのに、家族も人脈も作ってこれなかった私です。
母親がお星様になったり、認知症になってまともに喋りも出来なくなったら、と考えるとゾッとします。
このボロイ我が家での孤独は辛そうです。
それ以上に悲惨なのが、自分も病を抱える事でしょうね。
もう、私の年齢ではどんな病気が来ても、おかしくありません。
「死にたいんじゃなかったの?」と言われそうですが、死にたい事は死にたいですよ。
今すぐにでも。
でも、痛く無く怖くない安楽死じゃなきゃ嫌なんです。
病気を抱えて、長い間、一人でよたよた病院へ行ったり、入院しても誰もお見舞いに来てくれなかったり、と病気だけでも痛く苦しいのに、心で孤独を噛みしめてじわじわと死んでいくのが嫌なんです。
何で人間は家族を作るのかというと、そういう時の為にお互いにお互いの孤独感を和らげ、励まし慰め合ってく為のものじゃないんでしょうか?
若くて健康な内は一人でも生きられると思うんですよ。
私も20代の頃は独り暮らししたくてしょうがなかったです。
結婚しても子供も欲しいとは思いませんでした。
ま、私が子供を欲しいと思わなかったのは人間としての本能に何か欠落しているものがあるからっぽいのですが。
今、ブログ村である方のブログが話題になっていると思いますが、その中でコメントされてる人が、貧乏な人ほど、家族を作って、人脈もしっかり作っておかねばならないというような事を仰ってました。
その通りなんでしょうね。
最近の若い人達はそれが良く分かっいるから、早い内に結婚して、子供も産み育てているのでしょうね。
後、同様な事が↓の中村うさぎさんのブログにも書かれていました。
中村うさぎさんも破天荒に一人で生きていけるとずっと思ってらしたそうですが、大病をわずらって壁にぶち当たったそうです。
病気の影響で、今は何処へ行くにも旦那さんの介護が必要だそうです。
そんな中村うさぎさんブログでが仰ってました。

「あらゆる生き物の中で、人間ほど他者を必要とするものはいないの。」

「他者を必要とするがゆえに他者と自分との関係に苦しむわけだけど、それを忌避して生きることは不可能なのよ。」

この言葉も孤独な身にはしみいります。。。

私は一番大事な事が分かっていないまま人生を送って来ちゃったのだな~と思います。
うーん、でもそうでもないか。
30代で離婚したばかりの頃は、絶対に再婚出来る!って思ってましたもんね。
フルタイムで働きながら、婚活も頑張ってました。
今では考えられないです。
色々な人と会いました。その中でも気が合った人とは4年近く付き合い続けました。
でも、結局結婚には至りませんでした。
その人と結婚に至らないで別れたショックと、職場の人間関係で軽くハブにされていたストレスが重なって、心の病が発症しました。
全く努力しなかった訳でもなかったけど、努力は報われなかったって事ですね。

私はもう婚活なんかする気力勇気は全くありません。
40うん才の無職で心の病持ちの女と結婚しようという奇特な人はまずいないでしょうしね。
でも、婚活を諦めてない方、頑張ってくださいね。
私のようになると、人生、ほんとどん底真っ暗です。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
FC2カウンター
プロフィール

chibikin

Author:chibikin
40overの鬱で統合失調症(精神障碍者手帳2級)のバツイチ、無職、実家暮らしの取り柄の無いおばさんの日記です。心は無気力感、不安感、絶望感の塊です。対人恐怖は加齢とともに増し増ししています。醜形恐怖もあります。

主にレコーディングダイエットの記録、人生への絶望からくる暗い吐き出し、ときたま全然関係無いトピック等、つれづれにやってます。


「はじめまして」、及び
「私のブログの存在意義」はダイエット日記化する前に書いたものです。私のダメダメぶりと、このブログを始めた当初の想いが書いてあります。

3月6日生まれ、AB型、魚座、こじか、金星-霊合星人

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ランキング

ご訪問ありがとうございます。 よろしかったら1ポチお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
20位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

こんなブログでもリンクされたいという奇特な方いらっしゃいましたら、 どうぞ。リンクフリーです。 一言お知らせ下されば、ほとんどの場合、相互リンクさせて頂くつもりです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア

フリーエリア

TOEICボキャドリル(わんこ版)