ブログパーツ
  1. Top
  2. » 私の人生

孤独死の対策を考えなきゃいけないと言われてもな~


切られでもひかれでもないリア友から、メールがありました。
その友達は男性のバツイチ独身で、私と同じ精神障害手帳2級持ちの無職で、つい最近、心臓の手術もして障碍者手帳一級を取得したばかりの身の上です。
何か、「孤独死」を偉く恐れているようでした。
「孤独死大国」という本を読んで、気持ちが煽られたみたいです。
とにかく、自分の身の上では親が死んだら孤独死リーチという事に凄い恐怖感を抱いたようです。
私にも↑の本を読んでみろと勧めてきました。
恐怖心が無かったら、ネットで「孤独死」で画像検索してみろとまで言ってきました。
悲惨な写真ばかりだそうです。

私は「特殊清掃」をしている方のブログをブックマークしている位なので、孤独死で放置された遺体の悲惨さは知っているのです。
そのものの写真を見た事はありませんし、検索して見るつもりもありませんけどね。
文章の説明だけで、超グロですから。

友達はとにかく孤独死が怖いようで、何か対策を考えなきゃいけないと言ってました。
うーん、でも対策たって、個人ではどうもしようがないんじゃないかな~と私は思います。
子供いない、パートナーもいない身の上では、老人ホームとかグループホームに入る以外、孤独死を逃れるすべはないんじゃないかと思うのです。
例え、パートナーがいたり、子供がいても、パートナーはどちらが先に逝くかの競争ですし、子供は、遠くに住んでいたりすれば、結果的に孤独死になってしまう場合もあるでしょう。
病院で死ねたら、運が良かったという所でしょうか。
私は今までは孤独死にそんなには恐怖を抱いていなかったのです。
苦しまないでポックリ逝けるのなら、独りで死ぬのは全然構わないと思ってました。
むしろ、例え独りぼっちでも、自宅でテレビでも観ながら、ポックリ逝けたら、それって幸せな方の死に方なんじゃないかと思っていた位です。
自分の死んだ後には全然こだわりありませんしね。
お墓に入れなくても、誰もお参りにきてくれなくもOKという感じなのです。
でも、自分の死体がグロ化して、近所の人や遠い親戚に迷惑かけるのはやっぱり嫌だな~と思いました。
でも、やっぱりどうしようもないと思います。
私は老人ホームに入るお金はないし、グループホーム等の集団生活は超絶ストレスになりそうで無理です。
そんな私はこのボロ家で孤独死が一番可能性高いのです。
行政が対策を何か対策を考えて施行してくれればイイですけどね。


まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

病気になるとドッと孤独が辛くなる。


私が暗くネガティブなのは完璧無比で負け組である事と、それゆえの絶望的な孤独感からでしょう。
今、私に無償で生きてほしいと思ってくれる人は母親しかいません。
40何年間も生きてきたのに、家族も人脈も作ってこれなかった私です。
母親がお星様になったり、認知症になってまともに喋りも出来なくなったら、と考えるとゾッとします。
このボロイ我が家での孤独は辛そうです。
それ以上に悲惨なのが、自分も病を抱える事でしょうね。
もう、私の年齢ではどんな病気が来ても、おかしくありません。
「死にたいんじゃなかったの?」と言われそうですが、死にたい事は死にたいですよ。
今すぐにでも。
でも、痛く無く怖くない安楽死じゃなきゃ嫌なんです。
病気を抱えて、長い間、一人でよたよた病院へ行ったり、入院しても誰もお見舞いに来てくれなかったり、と病気だけでも痛く苦しいのに、心で孤独を噛みしめてじわじわと死んでいくのが嫌なんです。
何で人間は家族を作るのかというと、そういう時の為にお互いにお互いの孤独感を和らげ、励まし慰め合ってく為のものじゃないんでしょうか?
若くて健康な内は一人でも生きられると思うんですよ。
私も20代の頃は独り暮らししたくてしょうがなかったです。
結婚しても子供も欲しいとは思いませんでした。
ま、私が子供を欲しいと思わなかったのは人間としての本能に何か欠落しているものがあるからっぽいのですが。
今、ブログ村である方のブログが話題になっていると思いますが、その中でコメントされてる人が、貧乏な人ほど、家族を作って、人脈もしっかり作っておかねばならないというような事を仰ってました。
その通りなんでしょうね。
最近の若い人達はそれが良く分かっいるから、早い内に結婚して、子供も産み育てているのでしょうね。
後、同様な事が↓の中村うさぎさんのブログにも書かれていました。
中村うさぎさんも破天荒に一人で生きていけるとずっと思ってらしたそうですが、大病をわずらって壁にぶち当たったそうです。
病気の影響で、今は何処へ行くにも旦那さんの介護が必要だそうです。
そんな中村うさぎさんブログでが仰ってました。

「あらゆる生き物の中で、人間ほど他者を必要とするものはいないの。」

「他者を必要とするがゆえに他者と自分との関係に苦しむわけだけど、それを忌避して生きることは不可能なのよ。」

この言葉も孤独な身にはしみいります。。。

私は一番大事な事が分かっていないまま人生を送って来ちゃったのだな~と思います。
うーん、でもそうでもないか。
30代で離婚したばかりの頃は、絶対に再婚出来る!って思ってましたもんね。
フルタイムで働きながら、婚活も頑張ってました。
今では考えられないです。
色々な人と会いました。その中でも気が合った人とは4年近く付き合い続けました。
でも、結局結婚には至りませんでした。
その人と結婚に至らないで別れたショックと、職場の人間関係で軽くハブにされていたストレスが重なって、心の病が発症しました。
全く努力しなかった訳でもなかったけど、努力は報われなかったって事ですね。

私はもう婚活なんかする気力勇気は全くありません。
40うん才の無職で心の病持ちの女と結婚しようという奇特な人はまずいないでしょうしね。
でも、婚活を諦めてない方、頑張ってくださいね。
私のようになると、人生、ほんとどん底真っ暗です。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

誰も私の事なんて覚えてないし、会う事もないから、大丈夫だよね。。。


今日の朝、夢を見ました。
夢の内容自体は大したことなく、悪夢でもなかったです。
私が職場で調子の悪いコンピュータを直そうとしている夢です。
そこに正社員時代の男の先輩が出てきました。
この人も別に苛められたとかそういうのは全くなく、普通に優しい先輩でした。
夢はそれで終わったからイイのですが、何かしみじみ恐怖を感じてしまったのですよね。
前にも何回も書きましたが、私は絶対フェイスブックなんかやりたくない人です。
学校だったり職場だったりの友人、知人で会いたいと思う人は皆無です。
それどころか、「絶対に」会いたくない、もう、一生関わりたくないと思っています。
あまりにも惨めな自分の現状を知られて、哀れに思われて同情されるのなんて、絶対に嫌なんです。
だから、その男の先輩が夢に出てきた事で、そういう知人達にうっかりどこかで会う事になってしまったら、どうしようと恐怖が湧いてきたのです。
でも、大丈夫かな、とも思ったのです。
お互いに顏も変わってるし、すれ違ったりしたとしても、短い間だけの付き合いだった私の事なんて、覚えてないでしょう。
万が一、思い出したとしても、挨拶してきたり声をかけてくるなんて事、まずないような気がします。
そう考えると、私は人との縁は薄い運命だったのだなと思います。
高校までは父親が転勤族だったため、あちこちを転々としてました。
今現在住んでいる所は高校からです。
知り合いは皆無です。
職場も転々としてました。
一番長い職場で3年です。
私はおそらくACの発達障害です。
空気が読めなく、雑談力が無くて面白みの無い人間でした。
友達が出来にくい、他人から好かれない事がずっと最大のコンプレックスで、そのストレスが原因で、心の病に罹ったようなものなんです。
でも、そんな私でもここまでの年齢を生きてきて、色々な所を転々としてましたので、優しく接してくれる人や友達と言える人も中にはいたんです。
私からご縁を切ってしまった友達も少なからずいました。
離婚した時に年賀状は出さなくなってしまいました。
離婚して以降、誰とも付き合いたくないと思って、メルアドや携帯も通知なく変えてしまいました。
そんなこんなで、私には40歳以前の友人や知人で、今も知り合いといえる人はもういないんです。
そして、今は負け組が確定してから知り合ったごく少数のリア友しかいません。
その貴重なリア友は一昨年に一人失い、今年も一人から切られました。
何て、人との縁が薄い運命なのでしょうね。
前世では、人を傷つけてばっかりいた人間だったのかもしれませんね。
その業て、現世では誰とのご縁も花開かないような気がします。
誰とも会いたくないのですが、反対に誰からも会いたがってもらえない、何十年も生きているのに、そんな自分が哀れに思えてしょうがない今日です。
自分の現況を知られたくはないけれど、誰も私の事なんか覚えてないし、会うこともないから大丈夫だよね。。。と思って生きていきます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

GWにもの思う。


もうすぐGWですね。
テレビでは待ちゆく人々にGWに何をするかをインタビューする企画をやってました。
GWなんて全く関係ない、無職、独身、ニートの私にはこういう企画は胸が痛くなります。
でも、考えてみると、若い頃からこういう場面では胸が痛くなり、我が身を省みては虚しくなっていました。
友達がいる事が少なかったので、何もしないGWを過ごしている事が多かったからでしょうね。
若い頃からそんな言葉は無い時代から負け組だった訳ですね(/_;)
ただ、昔も今も人の3倍位出不精なので、混んでるGWにどこかに出かけたいなんて思わないんですよ。
それなのに、楽しそうに「どこどこへ行く♪」という人に胸が痛むのは寂しい人生を送っているという事を再認識させられるからでしょううね。
独りが気楽で、誰にも気を遣わなくて楽なのに、独りでいると寂しいと昔から矛盾しているんですよ。
この自分の矛盾した性格にイラつきます。
そのテレビのインタビューでは、色々な所に旅行に行ったりレジャーに行く人が最初に出てきて、後の方はマラソン三昧とか家でDVD視聴三昧とか、断シャリにかけるなんて人もいました。
皆さん、さまざまですが、どの人も生き生きと楽しそうで、少なくとも私よりは幸せそうに見えます。
今年はリア友と会う予定も全くありません。
お誘いは一切ありませんでした。
家族でどこかに行く予定もありません。
イイんですけどね。
強がりでなく、前述したように元々出不精なのに更にこのデブな身体で人混みに出かけたくはありませんから。
寂しく虚しくGWは英語の勉強強化月間としたいと思います。

後、最近、人気のカラオケランキングもやっていたのですが、BEST3の3曲とも見事に知らない曲でした。
曲名は聞いた事あるのですがね。
星野源の「恋」と中島みゆきの「糸」とバンド名は分からないのですが、映画「君の名を」の主題歌の「前前前世」という曲がベスト3でした。
(順は忘れてしまいました。すみません。)
「逃げるは恥だが役に立つ」は一回ネットでドラマのまとめを観たのですが、私にはちっとも面白いと思えなかったのですよね。。。
どうしてあそこまでブレイクしたのか、全く分かりませんでした。
「君の名は」は観てないからしょうがないにしても、中島みゆきは若い頃、大好きで、アルバム(古い言葉)も何枚も持っていたんですよ。
元々、好みが狭く浅い私ですから、若い頃から大ヒットしているのに好きになれない歌謡曲は一杯あったのですが、中島みゆきの大ヒットした歌も知らないとは、と自分の世間ずれを改めて認識しました。
病気と診断され、薬を飲むようになってから、「音楽」というものにトンと興味が無くなってしまいました。
病気前は良くお酒を飲んで、泣きながらD.BOWYやらそれこそ中島みゆきも聴いていたのですがね。
薬を飲み始めると同時にお酒をやめたせいもあるのかもしれません。
若い頃はタバコとお酒が親友で悪友でした。
一生やめられないと思っていましたが、どっちもやめられました。
でも、やめられてよかったのでしょうか。。。
何も楽しみがなくなり、太っていくばかりの人生になったような気がします。
仮に不死の病になって、余命後半年とか宣告されたら、タバコもお酒も思い切り解禁するのにな~と思います。
あ、もちろん菓子パンも。。。(^_^;)
半年だけ残して、安楽死できるなんて、私には夢のようですね。
タバコの煙は今でも嫌いになれません。
近所のスーパーへいく途中にタバコ屋があって、そこにタバコ難民の人達が集まって煙をくゆらせているのでうすが、懐かしい温かさを感じる匂いだと思ってしまいます。
お酒にはそこまでの渇望はありません。
アルコールよりニコチンの方が中毒性があるのかな?
でも、一番中毒性があるのはなんといっても「砂糖」ですよね。
お菓子断ちは一生無理でしょう。
何か、とりとめなくなってきましたね(いつもの事だ)
GWは虚しさに浸りながら、英語の勉強と部屋の大整理をがんばりたいと思います。
皆さんは良いGWをお過ごしくださいね。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

今の私にはダイエットって無理な行為なのかもしれない。


ちょっと今の自分にダイエットって無理な所業なのじゃないだろうか、と思い始めました。
ある尊敬するメル友さんが、私のダイエットに関しての所感をご自身の経験をふまえて書いて下さったのです。
青字の部分が、そのメル友さんが書いて下さった文章です。
大文字にしてあるのは特に印象づけれらた文言です。

私も欝々としていた 頃があって、その頃はあらゆることが自分の理想通りに行かなくて、苦しかったんです。
そんな中で、食べ物は「お金さえ払えば自分のものになる」んですよね。
目の前にケーキがおいてあって、自分が手を伸ばせば食べられるんですよね。
周り全てが塞がれている中、たった一つの空気穴、自分の思い通りになるのが「食べる」という行為だったのかなぁと。

だから、chibikinさんのような状況だと、どれだけ意思をもって「食べる」ことをコントロールしようと試みても、
やっぱりうまく行かないですよね。
だってそこしか空気穴がないんですから…
無理矢理コントロールしてみたところで健全な状態とは程遠いですし、どこかで暴発する危険だっ てあります。

ですから、うまく行かないのは決してchibikinさんが悪い(意思が弱い)わけではないと私は思います。
例えやせたとしても健全な精神状態にはならないのは、私自身がいい例です。
私、やせたら今度は「やせる」ことに執着して拒食症になり、弱冠12歳で骸骨みたいになりましたから…(^^;)
それに、我慢すればするだけ、食への執着は更に更に強くなります。苦しいです。

ですのでどうか
「ダイエットうまく行かないのは仕方ないことなんだな」
「ダイエット成功すれば一歩前進、ではないんだな」
ということも、ちょっとだけ頭の片隅に入れておいてくださいね。

私は精神病持ちで、対人恐怖症で、無技能で無職で無趣味でバツイチ小梨の愛もお金も夢も希望もない中年女です。
まさにあらゆる事が自分の理想とはかけ離れています。
周りは八方ふさがりです。
そんな私の思い通りになり快楽を与えてくれるのは、お酒も煙草もやめた現在、「食べること」しかないんですよね。
300円持って、スーパーかコンビニに行けば、引きこもりの貧乏な私でも菓子パン2個を食べるという幸せにありつけます。
この手っ取り早い安い幸せなら、私でもいつでも簡単に手に入れる事が出来るのです。
そんな唯一の幸せと快楽を我慢しているから、辛くて辛くてしょうがないのでしょう。
無理やり抑制して、その都度都度暴発してしまい、リバウンドになってしまったなれの果てが今の体重にあらわれているのでしょう。

私はまず、自分の人生を何とかもうちょっとマシなものにしないといけないんでしょう。
そうして、メル友さん仰る空気穴を「食べる」事以外に作らなければ、いつまでたっても無理やり我慢と暴発を繰り返して、体重は減るどこから増えていってしまうのかもしれません。

じゃあ、ダイエットをやめるべきか?

でも、それもやっぱり出来ません。

巨大デブになる人生はやっぱり嫌です。

また暴発する危うさを抱えながらも、やり続けます。

太るは易し、痩せるは難し

自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
FC2カウンター
プロフィール

chibikin

Author:chibikin
40overの鬱で統合失調症(精神障碍者手帳2級)のバツイチ、無職、実家暮らしの取り柄の無いおばさんの日記です。心は無気力感、不安感、絶望感の塊です。対人恐怖は加齢とともに増し増ししています。醜形恐怖もあります。

主にレコーディングダイエットの記録、人生への絶望からくる暗い吐き出し、ときたま全然関係無いトピック等、つれづれにやってます。


「はじめまして」、及び
「私のブログの存在意義」はダイエット日記化する前に書いたものです。私のダメダメぶりと、このブログを始めた当初の想いが書いてあります。

3月6日生まれ、AB型、魚座、こじか、金星-霊合星人

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ランキング

ご訪問ありがとうございます。 よろしかったら1ポチお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
20位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

こんなブログでもリンクされたいという奇特な方いらっしゃいましたら、 どうぞ。リンクフリーです。 一言お知らせ下されば、ほとんどの場合、相互リンクさせて頂くつもりです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア

フリーエリア

TOEICボキャドリル(わんこ版)