FC2ブログ
ブログパーツ
  1. Top
  2. » 私の人生
  3. » 母と喧嘩して、気持ちが沈み込み、色々に思いをはせてつくづく死にたくなりました。(偉く長いし、内容も暗いです。。。)

母と喧嘩して、気持ちが沈み込み、色々に思いをはせてつくづく死にたくなりました。(偉く長いし、内容も暗いです。。。)



今日は気持ちが沈み込んでしまって、何もする気がせず、寝逃げばかりしていました。
件名にある通り、母と喧嘩したんですよ。
まあ、でも、凄い喧嘩って訳でもないんですけどね。
結局のところ、伯父の遺産相続でしなければならない事が、まだ終わってないんですよ。
一昨日、税理士と打ち合わせて、母も私も早急に色々やらねばならない事がある事が分かったんです。
というのも、伯父が亡くなったのが去年の12月で、法律上の相続税の申告までの期日が来月の10月に迫っているんですよ。
無能な田舎の経験の無い司法書士をとっとかかりに頼んでしまった為、色々な手続きがちっとも進まず、難航してここまで来てしまったんですよね
税関係の事以外にも、10月には不動産売却の残務決済という手続きの為、平日にリアルで田舎へ行かなければならないのです。
平日なので、働いてる姉の車に乗せていってもらう訳にはいきません。
距離的にそれほど遠い田舎な訳ではないんですけど、電車を何本も乗り継がなければならなくて、まあ片道3時間弱はかかるという感じです。
何回も行かなければならないという訳ではないし、もっと遠い飛行機で帰らなければならないような田舎の人だって一杯いるんだから、これ位はしょうがないですよね。

それで今日、その田舎での残務決済に色々持ってきて欲しい物を仲介の不動産業者が連絡してきたんですけど、これが結構色々あるんです。
実印に、身分証明書に、マイナンバーカードに、通帳に、売買契約の時に使用した認印等々。
この最後の売買契約の時に使用した認印に関しては、私も???にはなったんです。
とにかく最近おバカに拍車がかかって、記憶力の劣化が激しい私です。
「あれ?売買契約の時って、実印じゃなかったっけ???、なんだか全然よく覚えてないや・・・(^^;)。まあ、母は分かるだろう・・・」って感じで、そのメールを母に転送して、後は呑気な気持ちでいたんです。
そして、何のきなしに飲み物をとりに一階に行ったら、母がイライラカリカリしてたんです。
売買契約の時に使用した認印、母もどれだか分からないそうなんです。
「ああ、じゃあ、持っている印鑑、全部持っていくしかないね~。」って私は返したんですけど、神経質で完璧主義な所のある母は(っていうか、超見栄っ張りだから残務決済の時に不動産業者達にだらしない性格と思われるのが嫌なんだと思います。)イライラしてるんですよね。
それで、母が色々グチグチ言っているので聞いていると、母は実印以外にも銀行印を複数、株式口座の印も2つ、その他にも認印を色々持っているらしいんですね。
母が印鑑一杯持っているのは前から知っていて、「整理して、実印、銀行印、認印それぞれ一つだけにして、後は捨てた方がいいと思うよ。」とは何回も私は言ってたんです。
まあ、前々回の記事にも書きましたが、基本、断捨離人間の私は、古ぼけたみすぼらしい印鑑などが何個もある様な状態ってイライラして我慢ならない性質なんですよね。
そもそも、何個も印鑑持つのは不経済だし、どれがどこの届印だか絶対わからなくなるので、金融機関への届印は私は全て統一してます。
詳しく聞くと、母は銀行への届印も複数に分けているし、2つ持っている株式口座への届印も更にそれと別々にしているそうなんです。
「なんで、そんな非合理的な事をするんだろう???」と私もイラっときたんですよね。
いえ、きちんとしたこまめな性格の人で、どの印鑑がどこの銀行の物だか、きちんと整理して分かるようにちゃんと保管するような人だったらイイと思いますよ。
でも、母って、凄いムラっ気のある人なんです。
整理整頓とか掃除とか、毎日こまめに定期的にやるような人じゃないんですよ。
まあ、色々な性格の人がいるし、ずっとズボラならズボラで、それはそれでイイと思うんです。
私は自分がズボラなのは自覚しているので、上記の様に、印鑑も最低限しか持たないようにしている訳です。
母に対してイラっとするのは、そういう毎日きちんと整理整頓するようなコマメさはない癖に、ムラッ毛があって、気が向いた時は突如、物凄い神経質に完璧主義になって、その事で頭が一杯になって、カリカリする所なんですよね。
まあ、良く言えば芸術家タイプというか、クリエイター気質ともいえるとは思うんです。
実際に編み物だったり、手芸だったり、今はある事を趣味として夢中になっているのですが、そういう事に対してそういう集中力が発揮されるのはイイ事だと思うんですよ。
母は私と違って、かなり手先は器用で、独創性や芸術的センスもあるので、いい創作物を作っています。
でも、そういうムラのあるちょっと病的な完璧主義が、家事やこういう日常の事でも発揮されるのですよね。

印鑑の事に話を戻しますが、
「完璧主義で、きちんとした性格に見られたくて、そんなにイライラしているなら、日頃からきちんとしておけよ・・・。」とは言いませんでしたが(^^;)、内心強く思って私もイラっとしました。
それで、
「なんで、株式口座の印鑑まで別々にするの?意味わかんない・・・」
と、ちょっと(かなりかも(^^;))呆れたような口調で言ってしまったんですね。
それが母親を爆発させたみたいで、
「はっ?何でっ???それがイイと思ったから、そうやっただけじゃないっっっ???何が悪いのよっっっ???」とキレてきたんです。
私は、基本、チキンな平和主義者なので、自分から攻撃する事は絶対ありませんが、人から攻撃された時やヒステリックに怒鳴りつけられたりしたら、スイッチが入ります。
「じゃあ、そもそも私にグチグチぐちんないんでよっっっ。自分で好きにそうしたんだから、自分で責任もちなよっっっ!!!」と負けずに怒鳴り返し、2階へ駆けあがりました。

まあ、ブログにも良く書いていますが、私と母は昔は超仲が悪くて、こういうお互いにヒステリックになる喧嘩ばかりしてました。
女同士なのに、お互いに強く叩きあった事もあります。(さすがに殴り合いまではしていないですが(^^;))
母の事はずっと大嫌いでした。
ちなみに私は父とも全くそりが合わなくて、父の事も大嫌いでした。
暴力を振るわれたり、虐待とかされていた訳ではないですし、私立大学にも行かせて貰えたし、世間的に見れば、普通のいい親だと思います。
世の中にはもっと酷い親がたくさんいる事も知っています。
でも、私は間違いなく自分もACだと思っています。
母からも父からも自分に対する生理的な愛情を感じた事はないです。

まあ、私自身も生理的な生物としての欲求の筈の
「自分の遺伝子を残したい。自分の子供が欲しくてたまらない。」という願いは全く持った事がない人で、理性的に想像しても、自分が子供を持ったとして「愛情と責任をもって、一生懸命子育てする。」という自信は全くなかった人です。
子供を産むという肉体的な負担も恐怖でしたが、精魂こめて子育てをしなきゃならないのかと思うと、プレッシャーしか感じませんでした。
妊娠するという事に自分の人生をめちゃめちゃにされそうな恐怖を抱いていました。(結婚していた時もです)
だから、血のつながった子供といえど、無償の愛なんか注げない人もいるんだという事は良くわかるんです。
親の本音を聞くと、複数の子供を持った場合、はっきりいって「可愛い子供と可愛くない子供」もいるそうですね。
それもよく分かります。
親っていったって、ただの人間ですもの。
人格者じゃなきゃ子供を持てないなんて事は全くない訳で、冷淡な人間だろうと、母性や父性があろうとなかろうと、健康な身体を持っていて避妊しないでSEXすれば誰でも親になれちゃう訳ですからね。
自分と気が合う波長が合う子供の方が可愛く感じてしまうの位、しょうがないと思います。
父にとっても母にとっても、そういえば両方のお祖母ちゃんにとっても、姉は可愛げのあるしっかり者の自慢の娘だったんですよね。
姉は要領が良いというのか、空気が読める人なんですよね。
それで、どういう事を言ったり、どういう態度をとれば自分が可愛がられるかっていう事を本能的に分かっていて、いい子ぶりっ子できる子供だったんですよね。(姉が自分で言ってた。)
ま、なんといっても、姉は元気一杯のイメージの今でいう陽キャって所が大きいのかもしれません。
身内だけでなく、どこへ行っても人望があって、一目おかれて、老若男女から好かれる人です。
私は父や母やお祖母ちゃん達からも「この子、何考えてるか、ちょっと良くわかないんだけど・・・暗いし、なんか可愛げもないし・・・それでいてイラっとする事言うし・・・」という目で見られてたんだろうな、という感じです。
考えてみると、血のつながった身内の誰からも可愛がられなかった人間が、他人に好かれる訳ないんですよね。。。
まあ、それもしょうがないんですよね。
おバカなKYで、陰キャな性格に生まれちゃったんだから。
自分で選んでこういう脳や性格に生まれついた訳じゃないし、選べるものなら、空気の読める明るい気の強い性格を選びましたよ。
っていうか、そもそも「この親の元にこういう属性で生まれたいか、生まれたくないか?」って選択できたのなら絶対に生まれたくない方を選びましたよ。
何も選べないんですよね。
こっちから言わせれば、勝手にSEXされて、勝手に根拠のない期待されて、この世の中に生み出されてしまった訳です。
最近Twitterで知った反出生主義の人達の思想は良く分かります。
シンパシーも感じます。
親も選べないんだろうとは思います。
親だって、選べるものなら、空気が読める明るい元気な可愛げのある子どもの方がイイに決まってますものね。
でも、やっぱり親の方は自分達で避妊しないでSEXして、子供を産むという選択をして行動をとった訳ですからね。
どんな子供でも愛情をこめてなるべく幸せになれるように育てられる自信と責任感がないなら、子供作るなよという反出生主義の人達の思想に私は強く共感していしまいます。
昔だったり、現代でも発展途上国や理解不能な宗教にしばられているような国に生まれちゃったら、自分の意志で子供を持たないという選択なんか出来ないのは分かりますが、すくなくとも現代の先進国で民主主義である日本のような国に生まれている癖に、何も考えずに避妊しないでSEXして、子供ができたからって動物みたいに産んで、そして幼い無力な子供や赤ちゃんに食事を与えなかったり、暴力をふるったり、あげくは死なせたりするような人間がいるというニュースを見る度に、そういう親に対して、「バカなの???バカなんだろうな・・・。私も大概バカだけど、こいつらって、救いようのないバカなんだろうな・・・。もう、とても理解できない想像もつかないほどのバカなんだろうな。理性とかないんだろうな。考える事ってできないんだろうな。ヤダヤダ、こんなバカがいる世の中・・・おそろしくておぞましくて早くおささらばしたい。。。」って思います。
ま、避妊に関しては、男の方に腹立つ事多いですけどね。
女は結婚してて子供を欲しがっている場合でもない限り、避妊してほしい人、場合が大半だと思うんです。
良く男はピル飲めとか平気で言いますけど、薬ですよ?
いくら、進歩して副作用少なくなったといえ、身体にどんな影響及ぼすかわからない薬ですよ?
できれば薬なんか飲みたくないのなんて、男も女も同じでしょう。
ホントに無責任で性欲で頭一杯の理性がない男が多いですよね。
後、避妊以外にも病気、怖くないんですかね。。。
まあ、モーニングアフターピルという手もあるので、女性はこれは良く知っておいた方がイイと思います。

ま、それはイイとして、
母も実は生理的に子供を欲しいと思うタイプではなかったんだと思うんですよ。
これは前々から感じてましたが、今日、喧嘩する前の朝食時に母と色々話してて、母が割とはっきり言ったんですよ。

今、主婦の家事から解放されて、自由に趣味に時間を割けて、自分の創作物を人に賞賛されるのが何よりも嬉しい」って。

そうなんだろうな~と思います。
母は、家庭におさまって、夫に尽くして、子育てに精魂込めてというような暮らしに幸せを見出して満足するようなタイプではないんだろうなともずっと思っていました。
夫や子供の世話に縛られる生活が、内心嫌でしょうがなかったんだろうなと思います。
母の実家は全然裕福ではなかったので、女だからという事で、母は大学に行かせて貰えなかったんですよね。
母の兄である伯父は、ある大学、そして芸大と2つの大学に行かせてもらえたのですが。
(それなのに伯父は無職のひきこもりになるという実に皮肉な結果になった訳ですが。)
母は自分を大学に行かせてくれなかった祖父と祖母を恨んでいるような事は昔から度々言っていました。
母は美大へ行って、クリエイター活動に夢中になって、お互いに認め合い切磋琢磨しあう仲間をたくさん作り、世界のあちこち旅してまわって、広い世界を見聞きする自由気ままな生活をおくりたかった人だったらしいです。
そんな人でしたから、父が退職した後は、父と喧嘩ばかりしてたんですよね。
父は昔の亭主関白な男性だし、母の事はずっと専業主婦で自分が養ってやったという自負もあるのでしょう。
「長年働いてくれてありがとうございました。」と退職後は大事に労わってもらえると思っていたのでしょう。
当然、母に3度3度の食事の世話をさせるし、家にいる時間が各段に多くなったわけで、色々母の家事にも文句をつけるようになったみたいです。
それが、母の我慢ならなかったみたいです。
父はずっと病気も抱えていて、老化と共に悪化していき、それに対して、色々父がこぼすのがうざったくてしょうがないというような事も言ってました。
父の病気がいよいよ悪化して、入退院を繰り返すようになると、母はその看病だったりで、自分の生活にどんどん自由がなくなっていく事に酷くイライラしていたようです。
父が晩年に入退院をしていた頃、母と一緒に病院に父のお見舞いへ行った事があります。
その頃、私は結婚していて別に暮らしていました。
この頃、私は父の事も母の事も大嫌いで、恨みに思っていて、父が入退院を繰り返しているのは母から電話でくどくど聞かされてましたが、正直うんざりしていて、そっけない対応をしていました。
私も大概冷たいドライな人だな~とは思います。
母に似たんだと思います。
子供を欲しいと思わないタイプというのも母の遺伝だと思います。
そういう所はしっかり似るんですよね。。。

ま、話を戻して、母に対しても父に対しても冷たい感情しか抱けずにそっけない対応をとっていた私ですが、母があまりにもうるさくどんなに自分が大変かという事と、
「娘なんだから、お父さんの面倒、もっと手伝いなさいっっっ。」ってヒステリックにわめいてくるんで、父のお見舞いにも行ったりしたんですよ。
その内の一回のお見舞いがとても印象に残っているんですよね。
母と二人きりで行ったんです。
都心の大学病院だったので、電車に乗っていきました。
そして、その行きの電車での時間、病院について父の病室にいた時間、帰りの電車での時間と、母は終始、父の悪口ばかり言っていました。
父がいかにワガママで、母の手をわずらわせるかとういう事を延々と私に愚痴っていました。
私にこっそり愚痴るだけでなく、病気で入院している父に対しても、ヒステリックに「なんでそんなワガママ言うのっっっ!!!」とわめいて険悪な雰囲気になっていました。
そしてこれも印象に残っているのですが、病室のベッドの父がうんざりしたように、何かの俳句を読み上げたんですよね。
その俳句はどういう意味かと母と私が聞いたら、要は「容姿が綺麗でも性格にトゲのある女じゃなくて、ブスでも心根の優しい女を選ぶべき・・・」という意味の俳句だとの事でした。
まあ、父ははっきりと母の容姿に惹かれて結婚したんだとは思います。
それを後悔しているという事が言いたかったんでしょうね。
母は、実の娘の私がいうのもなんですが、適度に彫りが深くて、華やかで、骨格から綺麗な本物の美人なのです。
(ちなみに姉も私も外見的には全く母には似ていません。そういう美点は受け継がなかったんですよ(-_-;))
そんな俳句と解説を父が嫌味ったらしく言うものだから、母も自分の性格にトゲがあると言われたのが良く分かって、更にキレて、その後は良く憶えていません。
まあ、父も確かに亭主関白で、女性が尽くすのが当然というようなワガママな所は多大にあったし、↑のように嫌味ったらしい人ではあったので、私的にはどっちもどっちという感じで、うんざりした気持ちで、「あ、この人達、大嫌い・・・」と再認識したのを覚えています。

私はその頃、まだ旦那は優しかった頃だと思うんですが、正社員で勤めていた会社を仕事と人間関係のダブルで挫折し、逃げるように辞めて、メンタルヘルスの病院もあちこち行くようになり、どんぶり一杯の薬をODして入院騒ぎを起こしたりした後で、自分の人生がはっきりとうまくいってなくて、これからもうまくいきそうにないという恐怖と絶望を感じ出して、鬱屈してお酒と煙草に溺れる日々だったと思うんですよね。
その頃はネットもほとんど発達していなくて、「コミュ障」、「KY」なんて単語も無かったし、「AC」とか「発達障害」という単語もまだ一般的にはなかったと思います。
当然私もそういう類の事は全然知らなくて、自分の事を分析も出来ず、漠然とした恐怖と鬱屈した気持ちで一杯という感じだったような気がします。
大学時代から会社員になってその頃にいたるまで、ずっと友達が中々出来なくて、人に好かれなくて、人間関係がうまくいかないという事で、精神的に辛くてしょうがなかったのに、母も父もその事に関して、全然気づこうともしてくれなかったし、私がちょっと泣き言や愚痴を言おうとしたら、お説教の嵐で、ヒステリックになった母と喧嘩という感じだったんですよね。
私は自分の事を何も心配してくれなかった父と母に対して、ずっと恨みを抱いていたのですよね。
だから、父にも母にもちっとも同情する気は起こらなかったのをよく覚えています。

まあ、また話が色々それましたが、要は私の母は母性豊かで夫や子供に尽くす愛情深いタイプとは対極のタイプらしいという事です。
母のそういう所はしっかり私に受け継がれているのを感じます。
母の本物の美人であるという点、手先が器用で芸術的センスが優れている点、愛想と愛嬌が抜群で大抵の他人からは好かれるという美点群は、全く受け継がなかったんですけどね(-_-;)

そんな訳で、母と喧嘩し、昔の事も色々思い出し、今日は気持ちが沈みんこんでいました。

まあ、昔はそんな感じだったのですが、最近は母と喧嘩する事、滅多になくなっていたのですよ。
母も私も老化して性格が丸くなったのかしりませんが、話していると、結構同じ考え方や思考だったりする所があるな~と最近は思うようになった位です。
でも、伯父の遺産相続の手続きがまだ終わらなくて、いい加減イライラがピークに達しているんだと思います。
神経質で完璧主義な所があるから色々面倒でしょうがないんでしょうね。
もう歳で、いつ寝たきりになったり、それこそお☆様になるかもわからないんだから、好きな趣味や旅行にもっと時間を割きたいのに・・・って気持ちもあるでしょう。
3日程前も、遺産相続の関係で必要な書類が見つからなくて、お互いにイライラして、この時も喧嘩になったんですよね。
遺産相続の件がすっかり終わったら、イライラする事もなくなって欲しいなと期待しているのですが、ちょっと心配でもあるのですよね。
というのも、遺産相続の事でイライラしているというより、母ももう70代な訳で、老化して、脳細胞が減ってきて、理性が効かなくなりはじめている可能性も十分に考えられるじゃないですか。
上述したように、昔の事も色々思い出して「元々そういう所大いにある人なんだから、この人、ボケたらヒステリーばあさんになる可能性大だよな・・・」と思ったら、ゾッとしました。
私もそういう所は母にしっかり似て、我慢を重ねて耐え忍んで尽くすような殊勝な性格じゃありませんからね。
将来、我が家は老女(母)と中年女(私)の怒鳴り合いが響き渡っていると近所で噂の家になるかもしれませんね。
私の方も老化して、理性がなくなり、カッとして、なんかニュースになるような悲惨な結末になったりするかもな・・・なんても思いました。
ああ、嫌ですね。
心からさっさと安楽死したい。。。


まとまりのない自分語りの駄文、読んで下さってありがとうございます。

励みになりますので、ポチして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
FC2カウンター
プロフィール

joko

Author:joko
jokoです。



数年前(^^;)の写真。

アラフィフの難治性鬱(精神障碍者手帳2級)のバツイチ、子供なし、無職、実家暮らしの完璧(^^;)な負け組のおばさんの日記です。

B型作業所へ週に3日通っていたのですが、最近、何もかもやる気をなくし、お風呂にも入れなくなり、廃人のように家にこもってしまっています。
もう、アラフィフだし、十分に生きたという感じなのですよね。
これから、どんどん年老いて、醜くなって、病気になって苦しむ前に安楽死したいな~とそればかりを希望しております。
最近思うのですが、この希死念慮って、別に心の病のせいじゃない気がするんですね。
生来の性格と能力があまりにも弱くて低くて、生きていくのに向いてないという事をつくづく悟っちゃったからって感じなんですよね。
診断はされてませんが、恐らく発達障害でもあると強く思っています。

・チビ、ブス、超太りやすく生涯常にダイエット中の小デブ、髪質超悪い。
・頭悪い、記憶力悪い、運動神経0、反射神経0、超不器用、無能。

ちなみに字も下手、絵も下手、歌も下手、楽器も下手、踊りも下手、裁縫手芸全然ダメ、独創力全く無しと感心する位に取り柄ないんですよ(^^;)
でも、極め付きというか、一番辛いのは、やっぱりコミュ力が無い事ですね。
陰キャでインドア派でノリ悪く、ローテンションでユーモアセンス無し、トーク下手、耳からの情報がよく理解できない、って感じなのです。

学校でも、職場でも、必死に愛想よく頑張ってきましたが、どのコミュにいても、努力の割には好かれず、冷たくされて、精神がへとへとになってばかりでした。

人生、それなりに、努力して頑張った事は頑張ったと思うんですけどね。
地頭悪いのに学校の勉強頑張りました。
MARCHながら、大学卒業しました。
零細ながら、IT系の会社入って必死こいて死に物狂いでプログラミングとかやってました。
元旦那に愛想つかされて離婚した後も働きました。
人に好かれたくて、どこでもかしこでも愛想ふりまくりました。

若い頃(25歳頃)からずっと鬱とはお友達でした。
これまでの生涯「死にたい」と思った事のなかった日の方が少ないと思います。
何件のメンタルクリニックや精神科へ行ったことかという感じです。
今は販売禁止のようですが、リタリンというお薬も処方されてました。
一回、どんぷり一杯の薬でODをやった事もあります。

40代になって、離婚後にやっていた婚活に失敗し、職場でいじめられ、冷たくされるという事態が重なり、心が壊れて、病気になって、ひきこもるようになりました。
2012年からです。

私の持っている資格について
IT系の資格ばかりです。頑張っていた事もあったという事の証拠になるかなと思ってます。
ちなみに車の免許も一応持ってますが、もちろんペーパーです。
今から思うと、良く取れたな~と思います。若さって偉大ですね。

アニメ、漫画が好きなオタク系です。
でも、嗜好は「狭く浅く」です。
心に刺さるアニメや漫画、かなり少ないです。
記憶力も悪いし、あんまり突き詰めないので知識もありません(^^;)
今はジョジョ、進撃の巨人、ゴールデンカムイ、約束のネバーランドを追ってます。

フィギュアスケート好きです。
羽生結弦君を2012年から応援しています。

コザクラインコという小鳥がこの世で一番可愛い生き物と思っています。

好きな異性は二次元への方への方が思い入れ深いです(^^;)
とにかく強いクールなどマッチョのドSのキャラに惚れる傾向があるようです。
空条承太郎(ジョジョ)、セフィロス(FF7)
三次元では渡瀬恒彦さん位しか思い浮かばない。

AB型、魚座、こじか

※2019年5月16日以前の記事は全て非公開とさせて頂きます。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

FC2ブロガーさんに限りますが、ブロ友申請、随時絶賛募集中です。 アダルト以外でしたら、どんなジャンルでも大歓迎です。 但し、全く記事を書いてらっしゃらないブロガーさんはお断りさせて頂きます。 自分からは勇気なくて申請できない人なんです(^^;)

この人とブロともになる

リンク

こんなブログでもリンクされたいという奇特な方いらっしゃいましたら、 どうぞ。リンクフリーです。 一言お知らせ下されば、ほとんどの場合、相互リンクさせて頂くつもりです。

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
RSSリンクの表示
タグ

サラダチキン 糖質制限 TOEIC 低糖質 アフィリエイト リスニング コザクラインコ イヌリン 寒天デザート0kcal スイーツ 小鳥 堂島ロール 出会い系 空条承太郎 遺産相続 株式優待 ダイエット 証明写真 クレカ ポイント還元 羽生結弦 禁煙